メイプルストーリーでの出来事など。毎日?いや不定期なブログです


by kurorabedego
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

トマト

グロテスクな表現 暴力 血 など多数の表現が含まれています。苦手な方は見ないように。



其処は真っ暗     

其処には自分一人かと思うほどの静寂


夢を・・見ているのかな?

そう思いたくなるような                  孤独

ズキ と 体の痛みで目を開ける どうやら目を瞑っていたから真っ暗に見えていたようだ

辺りを見回す 目に入ったモノを見た時に嘔吐感が押し寄せる





吐いた



胃が空っぽになるまで吐いた



私の服はもう胃液や血や吐瀉物で汚れきっていた 






そう・・・これは悪い夢だ


夢 夢 夢 夢 ユメ ユメユメユメユメ


そう



その惨状はあまりにも悪夢で終わらしたくなる様な光景だった



そりゃそうだ



だって




ダッテ・・






其処には人だったモノしかなかったから



私は夕方に母親にお遣いを頼まれて外に出た。市場で急に意識がなくなって・・目が覚めたら・・


あぁ・・アレはパン屋のおじさん・・よく私に焼きたてのパンをくれたなぁ・・胴体 右腕 左脚 右

太腿を切断されて文字通り バラバラに

されてる。

アレは魚屋のおばさん・・いつも元気が良かったなぁ・・

アハハ・・おばさん・・胴から下が無いや・・

こんなに町の人達だったモノを見ても何にも思わないナンテ 

私のココロはコワレテしまったのカモシレナイ

アレは・・




ピシャッ



町の人達だったモノを誰だか当てていると其処に聞こえるはずのない 音 が聞こえた

ピシャッ

其処からは暗くて何かは解らないが ナニカがこちらに近づいてくる

ピシャッ

ソレは人々の血の海を踏んでどんどん近づいてくる

ピシャッ

そうして近づいてきて私の前で         止まった

ちょうど見下ろされるカタチで前に立たれている

月明かりで顔までは確認できないけどソレは間違いなく

ヒト だった





のならまだ救われていたのかもしれない と後に私は後悔する事になる


私は嬉しくなり話しかけようとするが それよりも先にソレが言葉を発した


「まだ生きてたの?ワタシ」

まだ生きてたの?っていう言葉を聞いて恐怖感が増したがそれよりもその後の文がおかしかっ

た事が気にかかった。


「それってどういう・・・ッ!」

言いかけた言葉が止まった

ソレが手に持っていたモノが私の目に入ったから

胃はもう空っぽなのに嘔吐感が押し寄せる

また吐いた

もう胃液しか出てこない

ソレが持っていたモノは


人間の         生首だった

「コレ?あぁ、ごめんなさいね。すぐ片付けるから」

ソレは生首を持ち上げ

勢いよく



壁に



叩きつけた




グシャリ

叩きつけられた生首はまるでスイカを高い所から落としたような音を鳴らした

そこからは赤黒い血がボタボタと流れ落ち 出来の悪いミートソースの様になっている

その行動でソレは今まで逆光だった姿が月明かりに照らし出される

私はその姿を見て愕然となった。












 
[PR]
by kurorabedego | 2006-08-13 04:14 | 読み物